一人の天才よりみんなの時代  協同組合Masters 会長 濱出健一

<コラム>  一人の天才よりみんなの時代  協同組合Masters 会長 濱出健一

一人の天才より、みんなの時代が始まったと思います。
 グーグルは、みんなの意見を反映させることによって、最適なサイトをすばやく検索できるようにした。 科学の分野も、科学者たちが協力し合って、みんなの意見で研究されるようになった。 現代では、1人の万能の天才レオナルド・ダ・ヴィンチより、みんなの意見の時代なのである。・・・・・
 恵まれない環境の出身でも、人脈を広げていって成功をつかむ人がいる一方で、頭がよく、お金持ちでいながら、人付き合いが下手なせいでうまくいかない人もいる。
 人間は一人では成功できない。IQがいくら高くても、“誰に何を言うかを理解し、どのタイミングで言うか、そして、どのように言えば最大の効果があるか” がわかっていなければ、高いIQは浪費されてしまう
 ある時、友人に、大手の幹部を紹介してくれるように頼んだ。 しかし、友人は断った。 友人は「できません。というのは、私も、その大手の幹部に将来何か頼みごとをするかもしれないので、今ここで、幹部に借りをつくりたくないんです。自分自身が借りをつくれる余地を残しておかないと・・・」
 えっ? 紹介を断る? 私だったら、紹介すると思うけどな。 紹介を頼まれるほどの大物の知り合いがいないから、何とも言えないけど。 私が人脈をどんどん広げて成功していく人だったから、友人は邪魔したかったのかもしれない。 だけど、人の足を引っ張ろうとすると、結局自分の足を引っ張ることになる。

 嫉妬心が起こりかけたら、すぐに「彼とその富に祝福あれ」と、その人のために喜んであげなさい。 あなたは人の幸運を祝福してください。これはとりもなおさず、自分にその幸運を引き寄せていることになるのです。 日本のことわざに「人を呪わば穴2つ」というのがありますが、これはまさに、潜在意識の法則をよく言い表しています。人の不幸を願うと、自分にも不幸を引き寄せてしまうのです。
友人は、人脈という資産にはパイのように限りがあり、一切れ食べてしまえば、自分の取り分がそれだけ少なくなると思っていたのだ。だがそうではない。
 人と人とのつながりは筋肉と同じで、使えば使うほど強くなっていくのだ。
 お金とか、物質的な資産は、あげればなくなってしまうものだけど、愛とか人脈といった心から出てくる資産は、与えれば与えるほど、増えていくみたいですね。
 与えたいと願う私の心は海さながらに限りなく、私の愛は海のごとくにも深い。あなたに差しあげれば、差しあげるほど、私の胸の愛は増す。どちらも尽きることを知らないのだから。
 愛は、お金や品物とは根本的に性質がちがっていて、相手に与えれば与えるほど、自分の愛はなくなるどころか、逆にますます大きく、深くなるのだ。・・・・

『一生の財産は人脈力』
◎共感と熱意が人と人をつなぐ。
◎真の勝者になるには、ありのままの自分をさらけ出すことだ。
◎あなたの魅力は、あなたらしさの中にある。
◎成功している人の働き方、話し方、生き方を注意して見る。
◎臆することなく年長者に質問したり助けを求めたりできるようになれ。
◎気負わずに誰とでも話すことができると成功者になれる。
◎人との出会いはすべて助け合いのチャンスだ。
◎成功するには人と協力することが大切。
◎人と人とのつながりは筋肉と同じ、使えば使うほど強くなる。

人間は得意なことや好きなことをやった方が、何倍も、何十倍も力を発揮できる。そして不思議なことに、得意なことが伸びていくと、苦手なことがだんだん減っていく。
私自身、自分が熱中できることにだけ集中できるよう優先順位を変えた結果、人生が大きく変化した。 情熱に従って大好きなことを見つけてほしい。本当に満足するには、すごい仕事だと信じることをするしか方法がない。
そして、すごい仕事をするには、自分がすることを大好きになるしか方法がない。そうすればお金はついてくる。みんな信じないけど、でも本当のこと。大好きなことを追及し、自分の使命を果たす。どこに行きたいのかは心が知っている・・・・・

『スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン』 (参照)