定着抗菌剤 Etak

定着抗菌剤 Etak
除菌成分と接着成分の科学合成で表面に固定化させることができ、抗菌バリアが1週間持続!
【主な特徴】
・特許取得の固定化除菌成分
・除菌・消毒成分が1週間持続!
・インフルエンザウイルスにも対応
・口腔分野から生まれた成分だから安心!
・Etakをつけたタオルを乾燥機に3日放棄後、40回洗濯しても効果が継続の実験結果が!
・MADE IN JAPAN


歯の抗菌研究の権威である広島大学大学院 医歯薬学総合研究科の二川浩樹教授(写真)が、持続性のある入れ歯の洗浄剤の研究から洗剤への応用を発案し、約3年の歳月をかけて開発したものです。その後、同大学院・研究科創生医科学専攻(ウイルス学教室)の坂口剛正教授の協力を得て、A型インフルエンザウイルスに対する効果の検証結果も得られ、本年9月から広島県内でフェリー等の交通機関やイベント会場で実証実験を行ってきました。この画期的な研究開発成果を少しでも早く社会に役立てるため、短期間で生産体制を整え、このたびの商品化に至りました。感染者だけでなく家庭生活や学校・企業、つまりは社会全体に大きな影響を及ぼすインフルエンザの感染対策にこの商品が大きく寄与することを期待しています。

【有効な菌・ウイルス(殺菌スペクトル)】
■殺菌
黄色ブドウ球菌、MRSA、セレウス菌、大腸菌(O157)、カンジダ菌など
■ウイルスの不活性化
A型インフルエンザウイルス(ヒト・トリ・豚(新型))、B型インフルエンザウイルス、パラインフルエンザウイルス、肝炎ウイルス、はしかウイルス、ヘルペスウイルス、ムンプスウイルス、狂牛病ウイルスなど…一般的に四級アンモニウム塩が有効とされる。

【Etakで実際に検証した菌種】
黄色ブドウ球菌、MRSA、セレウス菌、大腸菌、カンジダ菌、A型インフルエンザウイルス(ヒト、トリ、豚(新型))、はしかウイルス、ヘルペスウイルス、ムンプスウイルス